関東では金曜深夜、ぐっさん、友近さん司会の「えぇ処」というトーク番組がありました。
今回のゲストは、山本太郎さんと山本耕史さん。
いやー面白かった。山本耕史さんの手品あり、山本太郎さんのメロリンQ時代の話あり、ぐっさんのネタあり、ぐっさん&耕史さんの本格的なギターセッション+太郎さんの歌あり!?、「新選組!」裏話ありで、もう30分顔はにやけっぱなし。
詳細を書きたいのですが、何がどうおかしかったなんてとても書ける内容、テンポじゃない(笑)。
なので、どういう感じだったかだけちょこっとご報告。
 
・山本耕史さんの手品
やってと言われて準備もなく、カウンターでサッと出来るというのがすごいなぁ!
その場にあるもの(輪ゴム、トランプなど)を使って、手馴れた手つきで見せてくれるマジックは、カメラが寄った状態で見ても全然何がどうなってるのかわからない‥。びっくり。
 
・太郎さんのダンス甲子園裏話
私もメロリンQ時代をリアルタイムで知っているので笑った。
太郎さん、ダンス甲子園に出た理由を、「『ダンス甲子園』の番組がクラスで人気だったことに憤慨し、『お前ら1年間クラスで何を見てきたんだ!』とクラスメイトを教育し直すためだけに出演した」と言っていました。つまり、俺がいるだろ!とクラスメイトにアピールしたいがためだけに出たという(笑)。
これにはぐっさんも耕史さんも大笑い。 

・隊士によるギターセッション
「新選組!」撮影現場の裏話から、実際にギターでぐっさんと耕史さんが即興でブルースのセッション。これがめちゃくちゃカッコよかった!
耕史さん、ギター上手くてびっくり!器用な人というのもあるだろうけど、興味のあることにはすごい努力をする人なんだろうなと感じました。
でも、途中からぐっさんがブルース(もどき)を歌いだすと、もう一気にぐっさんの世界。
さすが歌は上手いし、デタラメな歌詞も雰囲気があってすごくよかった(笑)。
最後には、太郎さんも引きずり込まれて歌わされ、めちゃくちゃドキドキしたと言いながらも、太郎さんらしく歌で笑わせてくれていました。
こんな風に、新選組!撮影の合間にもやっていたそうで、ギターをかき鳴らし、熱唱してる頭にはチョンマゲだとか、そのすぐ向こうでは、切腹するかしないかなんていう撮影をやっているとか。ほんとおかしすぎだよ〜(笑)。

それにしても、あんまりミーハーな話はイヤだなと自分でも思いつつ‥
これを見ていたら、思わず新選組!隊士バンドを結成してほしくなりました(笑)。
太郎さんは踊りで参加でもいいし(笑)、楽器が出来るかどうかを知らないので失礼だけど、堺雅人さんなんかは音楽に載せて詩の朗読なんかでも最高だったり(笑)。
オダギリはなんだろか。もう打楽器、カスタネット、鈴、なんでもありでいいからさ。
‥ほんと、想像するだけでも楽しくなってしまっておりますです(笑)。