西田さんのその呼び掛けに、『え、あ、戻るんですか(笑)』という感じで、マイクの前に照れながら戻るオダギリ。かなり笑ってます。
西田さん:「そのヘアスタイルはとってもグッドだネ。髪がたくさん無いと出来ないネ?」  
‥なぜか英語訛りになっている西田さんに場内爆笑。オダギリも笑ってます。
続けて西田さんが、そのヘアスタイルは役柄の上でなのか、自分の美意識でそうしているのかという、ありがたい質問をして下さいます。やっぱり注目されてるなー髪(笑)。
それに対してオダギリ、いきなり「ここで言う話じゃないんですけども‥」。
『今まで「ここで言う話じゃない話」はたくさん聞いてきたし、余裕。』←私の心の声
オダギリ:「‥今年仕事が1つも決まっていないので、」  

‥!!!!?
このぶっちゃけ発言には会場が‥ドッと笑い。
ってみなさん、本当は笑うところじゃないのはわかってますね?(汗)
「でも公開される映画はたくさんあるんですよね?」
すかさずフォローして下さる西田さんに、「あ!公開になる作品はあるんですけど」と言いながらも、まだ(新しい仕事が?)決まっていないので、仕事もない今の間に好きな髪型が出来るかなと思って‥‥なんですと。
「おお、グレイト!センキュ〜」
絶妙なタイミングでの西田さんのその口調に、会場中の人が西田さんが謎の外国人だったことを思い出し!?、またまた爆笑の渦。
もちろんオダギリも「あっはっはっは!!」と大笑いしています。

「仕事が決まってない話」、ファンとして喜ぶべきか悲しむべきかはまた暇がある時に考えるとして(殴)、バラエティをやっていた頃以来じゃないかと思えた、“字に書いたような”「あっはっはっは!!」。‥これが嬉しかった。
自分が笑っている中でも、オダギリの少し子供っぽいくらいに高い笑い声がハッキリと聞こえてきて、これを聞けただけでも来てよかったと思えました。
結局、オダギリの挨拶は、司会者とのやりとりを合わせて4分くらいだったでしょうか。
“受賞”や“作品”の話には全然触れていなかったけれど(あの展開ではまず無理だったとフォロー!)、「あ!(驚)」とか「(嬉しそうに)全く!」とか「ですよォ。」とか、何だか見ていて楽しいオダギリジョーさん満載でした。

で。今度は西田さんからも「Hi、Joe!」の声は掛からず(笑)、
無事席に戻れるはずでした。が。