ブルーリボン賞‥ああ〜疲れた〜(笑)。でも楽しかった!
今年は司会が西田敏行さん(&寺島しのぶさん)ということもあって、爆笑爆笑の本当〜に楽しい表彰式でした。
オダギリも珍しくスピーチも長くて(笑)、楽しい話を披露していましたよ!
お客さんは結構年配の方が多く、熟年夫婦?らしきカップルもたくさん。今年、賞を受賞された以下の方は、全員出席していらっしゃいました。 
<第47回ブルーリボン賞受賞者> 
作品賞    「誰も知らない」(是枝裕和監督)
監督賞    是枝裕和監督 「誰も知らない」
主演男優賞 寺尾聰     「半落ち」
主演女優賞 宮沢りえ    「父と暮せば」 
助演男優賞 オダギリジョー 「血と骨」「この世の外へ クラブ進駐軍」
助演女優賞 長澤まさみ     「世界の中心で、愛をさけぶ」「深呼吸の必要」
新人賞    土屋アンナ  「下妻物語」「茶の味」
         森山未來   「世界の中心で、愛をさけぶ」
 
会場は、先日「パッチギ!」試写を観に行ったばかりのこじんまりとした綺麗なホール。
派手さはないけれど、さすが違った意味で豪華な表彰式でした。
表彰順は上のリスト通りで、オダギリは主演女優賞の宮沢りえさんの次。
オダギリを紹介する映像は、もちろん「血と骨」と「この世の外へクラブ進駐軍」です。
紹介と同時に、場内に「血と骨」の緊迫感溢れるバイオリンの音が流れるんですが、いや〜これがゾクゾクするほどカッコよかった。
『助演男優賞はオダギリジョーさんです。』
アナウンスと同時に客席の1点にスポットライトが当たり、そこからオダギリが立ち上がります。
‥やっぱりサイドに髪がないっ!ほとんど‥と言うか全然ない!
客席からステージに向かう間、顔の右側を客席に向けていたのですが、モヒカンにしか見えなかった‥(笑)。
でも、ステージで表彰されている間は左向きに立っていたので、大きくウェーブがかった髪がトップが柔らかく立ち上がっているという、普通にカッコいいヘアスタイルにしか見えないんですこれが。
まさに表と裏の顔を持つ男!?(笑)
服装は、ジャケットがグレーっぽく見えたので、黒だった今までのものと同じかはわかりませんが、基本的に他の表彰式と同じ様な雰囲気です。(あとで画像で確認したら、今までのものとは全然違い、やっぱりグレーだった‥。実は服装チェックちゃんとする気なしだったりします‥)
ただ、パンツはシワのある黒のピタパンで、短すぎず太すぎず(笑)。
靴はつま先が盛り上がったようになった紐つきのブーツで、パンツの裾を中に入れているようでした。

賞状と記念品を受け取るオダギリ。大きな拍手。
ここで、花束を渡す人が現れるまでのほんの一瞬、マイクの前で1人きりになって注目を集めていたオダギリが、記念品らしき小さな箱を‥‥‥足元にポトッと落とす(笑)。
『あ、マズい‥(笑)』という顔で、慌てて拾い上げるオダギリに場内からはクスクス笑い。
全くおいしいヒトです、オダギリジョー。(この後更においしいエピソード、続きます/笑)