★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト(一覧)
『南瓜とマヨネーズ』  / 『緑色音楽』  / 『エルネスト』  / 『湯を沸かすほどの熱い愛』 / 『オーバー・フェンス』 / 『ムジカ・ピッコリーノ』 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

若武者祭り開催中!

お知らせ頂いた情報ですが、
向田邦子賞に大森美香さん脚本の「不機嫌なジーン」
http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20050404i517.htm
なんだそうで。 
確かに会話はテンポがよくて、画期的な脚本という感じがしました。
正直、この記事を見て、『よかった。こういう賞って視聴率には関係ないんだぁ!』
と変な感心をした私くしです‥(汗)
 
ああもうなんか‥素晴らしい‥(絶句)
 
ところで発見!!
(今のところ他は知りませんが)現在、京王井の頭線で「若武者」祭り始まってます〜!若武者1
 
 
 
 
 
渋谷 ─ 吉祥寺間を走る電車内には、
このように横長なたくさんの吊り広告。
(車内でケータイ写真を撮ったのは初めて/汗)
 
  
 
若武者2 
 
 
 
井の頭線渋谷駅構内と吉祥寺駅構内には、
このような巨大ポスターが、
電車を待つ乗客の目の前でかなり目立ってます。
(横の長さは相当なものです)
 
 
続きを読む

初若武者。

若武者フタ。

 

 

 

 

 

駅の売店で買いました。
私が一番気に入ったのはこのフタ。(まだ開けてない)
メーカー名なんかじゃなく、「」って
なかなか男らしい(?)じゃあないですか!

「若武者」初お目見え!

今朝、やじうまプラスとMXで「若武者」を取り上げていましたね!
(他でもやってました?&MXは時間がなくて、見られないまま外出します‥)
メイキングシーンやCM紹介、インタビューなどもあったようですね。
CM、殺陣というか刀サバキ!?がカッコいい!
斎藤やっててよかった!(‥逆?)
やってんのオダギリジョーだから!と言わんばかりのアップもあって、
アサヒさんもいい仕事してますなぁ(笑)。
メイキングの正面顔、カッコよかったすねー。
あと、撮影の合間に見せていた笑顔もよかったv
 
<記事>
<若武者キャンペーン>
↑これ、3枚セットなんですねぇ。
でも女性が「若」とか着てるとオイオイ‥、「武」‥やっぱりオイオイ‥とか思われそう(苦笑)。
って誰も着ないか??(小声)
続きを読む

アサヒ緑茶「若武者」新CM発表会

今日13:30より、東品川にて「アサヒ緑茶『若武者』新CM発表会」が行われます。

まだまだ追加 「オペレッタ狸御殿」関連記事。

かなり洒落者な若武者!(早口で10回言ってから読んで下さい)

若武者ポスター 
 
 
 
 
 
 
‥失礼しました(汗)。
もう見掛けた方もいらっしゃるのでしょうか??「若武者」ポスター。
続きを読む

「夢の中へ」園子温監督インタビュー&「悲しくてやりきれない」

■「X-WALKING」の「X-CINEMA」に、全4回の園子温監督のインタビュー(「夢の中へ」)が、
2回目まで載せられています。(kotaさんからお知らせです)
その中に、オダギリかな?という画像が数枚ありますが、イマイチ断言出来ない感(笑)。
でも、田中哲司さん、オダギリ、村上淳さんが3人で笑っている分だけはハッキリ!
(みんな分かると思うけど)
この撮影は一昨年の暮れだったので、ちょっと懐かしいオダギリですね〜
インタビューは2回目分もあるので、クリックをお忘れなく。
続きを読む

雑誌情報です>「時代劇マガジン」「+act」

■4/1 『時代劇マガジン 2005 vol.11』
辰巳出版
・表紙に「オペレッタ狸御殿」の小さな写真
・“オペレッタ狸御殿” カラー7ページ p.20〜26
 
「オペレッタ狸御殿」特集が掲載。
お馴染みの狸姫と雨千代の豪華絢爛1ページ大ツーショットをはじめ、楽しみにしていたパパイヤ鈴木さんとのツーショット写真など(笑)初見のものもたくさんあって満足!
ページ数からもわかるように、今までの「オペレッタ狸御殿」の記事の中では、最も作品の詳細がわかる内容になっています。
『俳優さんというのはとにかくしゃしゃり出たがる。でもオダギリさんは‥』
と、オダギリを『いいなぁと思った』と仰る鈴木清順監督のインタビューもあり。 
ファン的には「しゃしゃり出るオダギリ」も見てみたい気はする!けど、
しゃしゃり出る雨千代‥はやっぱり絵的に美しくないか(笑)。
 
■4/2 『+act . 4月号』
ワニブックス
“interview/Joe Odagiri”        カラー8ページ p.16〜23
“完全独占速報!スクラップ・へブン” カラー2ページ p.46〜47 
続きを読む

更に追加>「オペレッタ狸御殿」予告編ほか

変更になった「進め!クリエーターズ!」の「イン・ザ・プール/三木聡監督」は
4/16〜に変更になった様ですね。
あと、同じくカミングスーンTVの4/18〜の「予告編 新着」に「オペレッタ狸御殿」だそうです。
(kotaさんから追加お知らせ)
今回のように、少し先の情報は、たまに突然変更があったりすることもあるので、
一度直前に確認してみて下さいね。

お知らせ追加です〜

■ついに、やっと、「メゾン・ド・ヒミコ」公式サイトオープンしましたね!
予告映像も観られますv
(kotaさんからお知らせ。サイドバーにも追加しました。)

■再放送のスケジュールを夏子さんからお知らせ頂きました。
「嫉妬の香り」(BS朝日)
4/8(金) 12:00〜13:00 (第1話〜)

「オダギリ ジョーのWinner’s Booth」
CS EXエンタテイメント(元トラベラーズTV)
第1回放送
4/4 (月) 23:00 〜 23:30
4/7 (木)  23:30 〜 00:00
4/10(日)19:30〜20:00
続きを読む

いろいろ更新!

■今日、放送が予定されていたカミングスーンTVの「進め!クリエイターズ!」の内容が、
変更になっていましたね‥
1日、16日内容更新の番組なので『「インザプール」三木聡監督』は、
少なくとも16日以降?になりそうですね。
 
「忍 SINOBI」公式サイト 、特報第二弾がアップされてます。
かなり出し惜しみされていたオダギリのアクション率がちょっとだけアップしてます(笑)。
あと、「里の民」が募集されるそうです!(←ってなんだろ??)
 
■更にアサヒの「若武者」HPも更新!
オダギリは出ていませんが、現在放送中のCMが見られます。
ナレーションは‥オダギリ??
 
■あと、kotaさんからお知らせ頂いた情報です。
MU-HA(ムーハ)のサイトから入り→めざましTV→3/30で、
めざましTV「見たもん勝ち」のフラッシュ映像と内容のテキストが見られます。
ほんと、「尻に敷かれてる」風な書かれ方がおかしい‥(笑)。
 

目下の?映画放送スケジュール

■「あずみ」
4/2 CS TBSチャンネル 21:00〜
 
■「この世の外へ クラブ進駐軍」
4/7  WOWOW  22:00〜
4/18 WOWOW3 18:00〜
 
■「監督感染」(オダギリは「pay day」に出演)
CS 日本映画専門チャンネル
5/11 24:00
5/14 27:30
5/22 27:00
5/26 25:40
 
です。何回放送されても、観ないとなんだか損をした気になってしまう‥
(毎回観てないですけどね/笑)

≪レポート一覧≫

このブログに掲載したレポート一覧です。
この一覧は、「カテゴリー別」-≪レポート一覧≫で見られます。
今後もリストは更新して行く予定です。

‥と書きつつ、更新出来ていません‥^^;
新しいレポートをご覧になりたい方は、
右サイドバー→「カテゴリー別」
'05テレビ
'05雑誌/新聞
'05映画 /DVD /CD
'05イベント(映画など)
‥など、カテゴリー別にクリックしてご覧下さい。



↓最初の日付‥ブログ掲載日、タイトル頭の日付‥発売日、放送日
 
<雑誌>
2/3        『HOUSE STYLING 2005』 (カタログ雑誌)
2/25   2/12 『ACTORS STYLE WINTER 2005』
3/14       3/5   『キネマ旬報3月下旬号』
3/20   3/17 『BARFOUT!aprill 2005』
4/3    4/1    『時代劇マガジン 2005 vol.11』
             ‥「オペレッタ狸御殿」7p
4/3    4/2    『+act . 4月号』
         ‥インタビュー8p、「スクラップ・へブン」2p
4/13        『R25』 (フリーペーパー)‥「若武者」関係
4/14   4/13  『an・an  2005.4.20(No.1459)』
         ‥「'05 あなたが選ぶ好きな男・嫌いな男」
4/16   4/10 『Invitation 5月号』
            ‥松尾スズキ×オダギリジョー対談5p
4/20、22  4/21 『ピクトアップ#34』
         ‥【特集】オダギリジョー論 /日本映画が今、必要としている俳優について(28p)
4/22   4/15 『ASIANシネマ&テレビLIFE vol.2』
         ‥チャン・ツィイー×オダギリジョー対談2p
4/26   4/22 『CINEMA SQURE vol.2』
         ‥チャン・ツィイーとの対談4p、「イン・ザ・プール」1p 
 

<テレビ>
2/10 2/10 『スポニチ/第59回毎日映画コンクール表彰式』
2/11 2/10 『第59回毎日映画コンクール表彰式』(ワイドショー)
2/14 2/14 『めざましテレビ』 ‥「キネマ旬報ベスト・テン表彰式」
2/19  2/18 『祝・第28回日本アカデミー賞/最優秀助演男優賞受賞』
2/22 2/19 『第28回日本アカデミー賞授賞式(ワイドショー 法
2/22 2/21 『第28回日本アカデミー賞授賞式(ワイドショー◆法
2/23  『シネマホリック#267』
      ‥「第78回キネマ旬報旬ベスト・テン授賞式」レポ
2/27 2/27 『メガポート放送/日本映画大スキ!』
      
‥「毎日映画コンクール授賞式」レポ
3/22 3/21 『第4回がんばった大賞』
3/29 3/29 『F2-X』
    ‥「速報!チャン・ツィイー来日 オダギリジョーと競演」
3/30 3/29 『スーパーニュース』
    ‥「オダギリジョー最後の恋!?/「オペレッタ狸御殿」記者会見」
3/31  『シネマホリック#275』
     ‥「キネマ旬報日本映画ベストテン」インタビュー
4/9  4/5 『TOKYOモーニングサプリ』 ‥「若武者」記者会見
4/18 4/17 『CM INDEX』 ‥「若武者」会見&メイキング
4/25 4/15 『クロのMovie Delivery #72』
               ‥「Topics/オペレッタ狸御殿」
 

<CD・DVD>
4/8、15     『「血と骨」コレクターズ・エディション』
4/19 5/11 『「オペレッタ狸御殿」オリジナル・サウンドトラック』 
4/20  7/29  『パッチギ!プレミアム・エディション』 
4/24 4/22 『新選組!完全版第弐集 DVD-BOX』
 

<イベント・その他>
2/15 2/14 『ブルーリボン賞授賞式 銑ぁ
3/28   『ライフカード駅貼り広告/「本音」「建前」「妥協」「決裂」ver.』
 
 
(〜4/26更新)

シネマホリック#275 『キネマ旬報日本映画ベストテン』オダギリジョー(血と骨)インタビュー

何とな〜く,鯑匹鵑撚爾気辰討い進、すみませんでした。キネ旬後編です〜
(記事がすっかり離れてしまったので、もう1度並べてアップし直しました。
下の,ら続いています)

 
いろんな表情を、思いっきり剃られた頭側から撮られているオダギリ。
指先部分のないハードな黒の手袋の手で、髪のないハードな頭についてる耳を
時折かわいらしく触りながら話します‥(笑)。
 
<大変なシーンの連続?>
 
台本の描写を読んで、一番大変そうだなと思ったのは、やっぱり雨の乱闘シーンとのこと。
これは相当酷いことになるだろうと、撮影の時は諦めから入ったが、たけしさんと本気のぶつかり合いをしなきゃ話にならないとテンションは高くなっていた。だから、実際は大変でも、予想よりはすんなりいけた気がしたとオダギリ。
 
また、乱闘シーンは、そんなにテイクは重ねず、1回か2回かでOKは出ていたのだそう。
と言うより、何度もやっても身体がついていかないのでと。
セットは壊れてしまう訳だし、そりゃそうだろうなぁ。
 
<乱闘シーンを演じている時>
 
『あの‥ま、やっぱりダンスみたいなもので、動きはもう決まっているものなんで、
やっぱり頭の中で、それをテキストとして追う部分もあったり、
相手は日本を代表するたけしさんだぞっていう、こう、引く部分もあったり、
いろんなことがこう、混ぜこぜになってるんですけども、
まぁ本気でぶつかる以外に‥僕が出来ることは無いんで‥
ぶつかるしかなかったということですね。』
 
<スクリーンはご覧になった?>
 
『はい。やっぱり自分の経験なんで、ああ‥なんかちゃんと映画になってよかったなぁという
気持ちの方が大きいんですよね。
で、映画館で観るとほんとに、迫力もすごかったですし、
やってる時はもう寒いし痛いし大変だし、ツライことばっかりなんですけど、
それがやっぱり、崔監督の切り取り方であんなに迫力のある、ほんとに生な、痛々しいシーンに作り上げてもらえたということが、やっぱりすごいなぁと思いました、単純に。
想像よりももっと痛々しく映ってたんで、それが‥やっぱり嬉しかったですね。』
 
その辺は役者冥利に尽きるということなんでしょうね、と言う塩原さんに、
「そうですね。」と頷くオダギリ。
 
<これからの役、そしてどういう俳優に>
 
これには、「ま、特にないんですけども」と、いつものように一旦かわしてから、
考え考えポツポツと、‥見て下さる人やファンなど、あまり誰かの為にやっているという意識もないので、自分が面白いと思える役、面白いと思える作品をずっとやり続けていられれば幸せ‥と。
 
これを聞いてふと思った。
自分が面白いと思える役に出逢えるのも、面白いと思える作品に参加出来るかどうかの運も、ある意味その人の才能なんだろうなと。
そして、フタを開けてびっくり!というような作品、役であっても、『オダギリが面白そうだと思ったんだな』という部分から、いつでも本気で興味津々になれる。これだって1つの才能だよね。
‥‥私の。(今だけそう言わせてっ)
 
<俳優オダギリジョーにとって映画とは?>
 
普段から、芝居とは、映画とは、芸術とはということしか考えてないので、
時期によっても日によっても答えは違うし、一言で表すのは難しい‥と考え込みつつ、
 
『なんか‥。自分、‥映画とは自分、みたいなものになれれば嬉しいですね。
なんか、結果的に。そういう答えが出せるようになれれば嬉しいですね。』
続きを読む

シネマホリック#275 『キネマ旬報日本映画ベストテン』オダギリジョー(血と骨)インタビュー

うーん、目新しいというほどの内容ではないにしても、かなりいいインタビューでした。
落ち着いた柔らかい表情と低い心地いい口調。きちんと丁寧に言葉を選び、暴言失言等はありませんv(オイ)
(『  』でくくっている部分のみ、ニュアンスをお伝えするため、オダギリの発言のまま引用しています。/『日本映画専門チャンネル「シネマ・ホリックスペシャル#275」オダギリジョーインタビュー』より)
 

 
授賞式でトロフィーを受け取る様子が一瞬。映画「血と骨」の紹介があり、雨の中の乱闘シーンや、朴武が正雄に頭を寄せるシーンなどが流れされます。
インタビュー。恐らく授賞式後?の別室でしょうか。衣装等は授賞式と全く同じ。
ソファに座るオダギリの向かいには、フジテレビの塩原恒夫アナウンサー。
 
塩原アナウンサー:「受賞おめでとうございます。」(以下、< >がインタビュー内容)
「感想からちょっと伺いたいんですが‥」
 
『そうですねぇ‥正直なところ‥あの〜‥ま、流行(はやり)モンですから、
なんか、そういう意味で(賞を)いただけるんだろうなーみたいな‥』
『‥ええ、そういう気の方が大きいですね。』
 
塩原さん、オダギリ「流行モノ」という言葉に、不意を突かれたように「あれ?」と笑い出します。
かなり笑ってます。
‥たまたま流行りモンになって賞を総なめしただけの俳優オダギリジョー。
ある意味カッコよすぎます。
 
<“助演男優賞”という響き>
 
やっぱり嬉しい。元々助演の方が興味が湧くタイプ。
主演はやっぱり荷を任されるには重いので。
助演だとまた別の楽しみが生まれてくるので、僕は助演の方が好き。
 
受賞者オダギリジョーの「荷が重い」発言に、またまた塩原さんが笑い出します。
いつもの正直発言ではありますが(笑)、今回のインタビューでは、いろんな立場の人への配慮、自分の言葉へのいい意味でのフォローも感じられました。例えば、「主演を演じるにあたっては、見ていただける方に、気持ちよく普通に感じられることを考えたいが、助演では‥」という風に。安心。
 
上でのオダギリの「楽しみ」という発言を受けて、
<「血と骨」の中では(助演を)存分に楽しめたか>
 
そうですね‥と一呼吸置き、共演はたけしさん、監督は崔さん‥と言った後、
『‥遊ぶというよりは、むしろ、できる限りのことをやんないと
太刀打ちできない2人なんで、その中でこう、遊ぼうかなと思うところは監督に相談して、
監督の演出を伺いながら、結局、崔さんのさじ加減で
上手くバランスをとっていただいた結果だと思いますね。』
 
なんか‥オダギリの言葉の中だけでも、たけしさん、崔監督の圧倒的な存在感を感じてしまった。
 
<撮影に入る前、崔監督からは何か話はあったか>
 
崔監督には、初めて会った時、
“金俊平に対する恨みと、俊平の子供にあたる正雄に対する愛情”
の二つだけあればなんでもいいと言われた。非常にわかりやすい言葉だった。
 
本当にその2つで朴武には十分でした。私にはそれでイッパイイッパイ。 
続きを読む

「オペレッタ狸御殿」来日記者会見 動画ニュース。

動画がアップされ始めていますね。
Yahoo!ニュース 芸能会見
excite動画ニュース
gooブロードバンドナビ 芸能ニュース
nifty ストリームキャスト芸能記者会見

「オペレッタ狸御殿」来日記者会見 ちょっと裏話。

「狸と人の化かし愛」(東京中日スポーツ)‥写真なし
デイリースポーツのツィイーがかわいい‥。

まず鈴木清順監督。
監督は、今までも何度もそう仰っていましたが、主演2人に関しては何も言うことなしといった満足気な様子だったようで、監督のことを絶賛する2人の言葉に、「過分なお褒めの言葉をいただきまして、消え入りたい感じ」と笑いを誘った後、「この2人はなかなかつかまえられないメンツ。質問はこの2人へ」と会見の途中に退席しようとしたそうです。
‥なんだか一瞬、葉っぱを頭に乗せてドロン、というイメージを想像してしまった(笑)。
続きを読む

3/29『スーパーニュース』(オダギリジョー最後の恋!?/「オペレッタ狸御殿」記者会見)

(すっかり日常に翻弄されていますが、万一!!キネ旬インタビューの後半レポをお待ちの方がいらしたら、もう少しだけお待ち下さい)
 
■3/29 『スーパーニュース』
フジテレビ 
“文化芸能部/オダギリジョー 最後の恋 !?”
 
会見場のマイクに向かって。
オダギリ:「日本の映画史に残らないわけないんじゃないかなと思うぐらい、
とんでもない作品になってます。」
ちなみに、「とんでもない」はオダギリジョーにとって賞賛の言葉です(汗)。
そして、チャン・ツィイーが、「みなさん、こんにちは」とにこやかに日本語で挨拶。
でも、「私、チャン・ツィイーです」と言うところを、「チャ‥」と言いかけ、慌てて言い直してから「ンフフ(笑)」と笑っているのがかわいい。
並んで立つ2人の前にはカメラ総数180台。
「たとえ天と地が逆さになろうとも!雨千代の気持ちは変わりませぬ」
という、まさに王子様的雨千代のシーンをはじめ、映画から雨千代のカットを中心に何シーンかが流されます。
 
N:『歌と踊りを織り交ぜながらお姫様に化けた狸と、城を追われた王子様の禁断の恋を描いた物語。』 2人で歌い、踊るシーンなど。
 
撮影現場。室内のセットにいるのは、雨千代と着物の後姿の女性。(狸姫かな?)
哀しみと怒りにうち震える表情で眉を寄せ、「あの快羅須山に捨てたのはっ!!」(そう聞こえる)と叫んでいる雨千代オダギリ。表情も発声もやっぱりいつもとはかなり違うなぁ。
 
N:『撮影現場でオダギリさんは‥』 
続きを読む

3/29 『F2-X』(美男美女の競演/速報チャン・ツィイー来日「オペレッタ狸御殿」記者会見)

■「オペレッタ狸御殿」来日記者会見関連記事
 
それから、「オペレッタ狸御殿」の公式HPが変わりましたね!
なんかワクワクして来た!(最近こればっかり)
ギャッ、右上の♪マークで、いろんなバージョンに変えられます〜!!
雨千代バージョンがあったよ‥なんか泣きそうぅ‥(なんで)

とりあえず、F2-Xです。
(スーパーニュースでもやっていました。こっちはちょい爆弾発言入り/汗)
 
■3/29 『F2-X 「“美男美女”の競演 / 速報!チャン・ツィイー来日 オダギリジョーと競演」』
フジテレビ系
 
オダギリ:「恋愛の対象は‥」
 
いきなりこのオダギリの言葉から始まりました。
衣装は最近多い黒。髪も少し伸びて、いい意味で少し落ち着いた感じ。
ツィイーがかなりシンプルな衣装、メイクなので、これくらいでよかった‥。
(衣装等については、上に掲載の記事をご覧下さい)
これ、ツィイーを恋愛の対象としては?という質問だったのでしょうか。テレビでは不明です。
 
オダギリ:「えー‥ま正直、尻にしかれそうな感はあります。」 んなことを淡々と。
「でも、いい気はしますv(←大きなハートマーク)」 
珍しくほんのちょっと口調が弾んでます(笑)。
通訳さんに通訳されて、クスッと苦笑いしているようなチャン・ツィイー。
 
ツィイーver.の「恋する炭酸水」をBGMに、
N:『アジアを代表する人気女優チャン・ツィイーとオダギリジョーさんが競演。
先ほど都内で行われた、映画「オペレッタ狸御殿」の記者会見に揃って登場しました。』
 
映画からの映像が次から次へと。ネットやテレビで見たことがある映像、そして初めてのもの。
N:『人間に化けた狸姫と、城を追われた王子様の禁断の恋を、歌あり踊りありで描いたラブ・ストーリー。』
砂浜を彷徨う狸姫。舞い上がる木の葉。構える雨千代。2人のキス(直前)シーン。
ナレーションが、かつては、美空ひばりさんや市川雷蔵さんなどの往年の大スターが出演した大ヒットシリーズであることを紹介します。
続きを読む

!!!!(興奮)>とりあえず「オペレッタ狸御殿」会見

今今F2でやった〜!!
オダギリ、カッコよかった。
新しい映像が観られました!
ツィイーにめちゃくちゃ褒められて(持ち上げられて!?)ましたっ!!(興奮)
 
後ほど、雰囲気をお伝えします〜!!
(後ほどが溜まって来た‥/汗)
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
◆◆Schedule(2017)◆◆
をご覧ください。

------------------------
<2017年>
------------------------
【10月】
2(月)
★『YOUは何しに日本へ?』(『エルネスト』関連)
4(水)
★ニュースシブ5時(NHK総合 16:50-18:10/『エルネスト』▽ゲバラの時代を演じて オダギリジョー生出演)
★『「エルネスト」スペシャル』(InterFM897 20:00-21:00/ゲスト:オダギリジョー、阪本順治監督)
6(金)
『エルネスト』公開(TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
---
7(土)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズららぽーと横浜9:05〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズ新宿12:00〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズ日本橋13:45〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
---
8(日)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(京都市/TOHOシネマズ二条10:20〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(堺市/MOVIX堺12:40〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(西宮市/TOHOシネマズ西宮OS 15:50〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(大阪市/TOHOシネマズなんば16:30〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
---
9(月祝)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(広島市/TOHOシネマズ緑井9:20〜上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(広島市/サロンシネマ ?〜回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(名古屋市/伏見ミリオン座ミリオン1 16:50〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
---
10(火)
★『4SEASONS』(Kiss FM KOBE 7:30-11:00 インタビューゲスト:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『南瓜とマヨネーズ』完成披露試写会(新宿武蔵野館/登壇者:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
11(水)
★『muse beat』(@FM80.7 11:30〜13:00/ゲスト:オダギリ、阪本順治監督)
13(金)
★『〜JK RADIO〜TOKYO UNITED』(J-WAVE 6:00-11:30 /ナビゲーター:ジョン・カビラ/オダギリのおすすめの一曲The White Stripesの「Seven Nation Army」が紹介)
「『エルネスト』オリジナルサウンドトラック」発売
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
14(土)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(有楽町スバル座 10:30〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
「Ginza Net T imes vol.54」(フリーペーパー、表紙、インタビュー)
16(月)
映画『緑色音楽』上映(ヒューマントラストシネマ渋谷/10:30〜12:00)
---------------
10/20(金)京橋テアトル試写室 18:00〜19:00
10/21(土)日本シネアーツ社試写室 11:30〜12:30
10/28(土)アットシアター新宿16:00〜17:00
11/2(木)イオンシネマみなとみらい 15:30〜16:30
11/9(木)映画美学校 試写室15:30〜16:30
---------------
20(金)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
21(土)
★『王様のブランチ』(TBS 11:59- /「買い物の達人」のコーナー)
27(金)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
29(日)
★『ボクらの時代』(フジテレビ 7:00-7:30/オダギリジョー、中谷美紀、オードリー若林)
30(月)
★『世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波乱万丈伝〜』(テレビ東京 21:00-21:54)
------------------------
【11月】
3(土)
★『エルネスト』舞台挨拶(アップリンク渋谷 12:25〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』舞台挨拶(アップリンク渋谷 15:10〜の回上映前/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『稲垣・草剪・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』(Abema TV Abema Specialチャンネル 18:30頃5分ほど出演)
9(木)
『刑事ゆがみ(第5話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
11(土)
『南瓜とマヨネーズ』公開(新宿武蔵野館ほか全国ロードショー)
★『南瓜とマヨネーズ』初日舞台挨拶(新宿武蔵野館 8:30の回上映後/登壇者:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
★『南瓜とマヨネーズ』初日舞台挨拶(新宿武蔵野館 11:15の回上映前/登壇者:太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
16(木)
『刑事ゆがみ(第6話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
18(土)
★スペシャルライブ<勝手にしやがれ20th Anniversary Special「勝手二十祭」>(恵比寿リキッドルーム/ゲスト出演:オダギリジョー)
20(月)
★「Hong Kong Asian Film Festival」で『白色女孩 The White Girl』がクロージング上映/閉会式出席
24(金)
『緑色音楽』(12:00〜YouTube (スペースシャワーTVチャンネル)と緑色音楽スペシャルサイトにて、本編、スピンオフムービー、インタビュームービーが公開)
★『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ 23:00-/ゲスト)
26(日)
★広島国際映画祭トークショー(『エルネスト』15:00の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★広島国際映画祭「ヒロシマ平和映画賞2017」授与式(阪本順治監督、オダギリジョー)
28(火)
★「Singapore International Film Festival(シンガポール国際映画祭)」で『白色女孩 The White Girl』が上映、舞台挨拶に出席(Capitol Theatre)
------------------------
【12月】
1(月)
WWDジャパン×OCEANUSタイアップムービー公開
7(木)
『刑事ゆがみ(第9話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
14(木)
『刑事ゆがみ(第10話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
待機作品
映画『エルネスト』
・2017年10月6日TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
映画『緑色音楽』
・2017年10月16日、20日、21日、28日、11月2日、9日に上映会あり。
・グリーンリボンキャンペーンで制作された映画。村上虹郎・工藤夕貴・オダギリジョー他が出演
-----------------------
映画『南瓜とマヨネーズ』
・2017年11月新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
・監督・脚本:冨永昌敬監督
・原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』
・ハギオ役
・出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研 ほか
-----------------------
映画『白色女孩(The White Girl)』
・日本人アーティスト(?)サカモト役
・11/20 Hong Kong Asian Film Festivalでクロージング上映
・11/28 シンガポール国際映画祭で上映
・2018年冬公開予定
-----------------------
映画『人間の時間』(韓国)
・キム・ドンフ監督
・2017年6月初めにクランクイン
・イブの彼氏役(特別出演)
・藤井美菜(イブ)、チャン・グンソク(アダム)、アン・ソンギ、リュ・スンボム、イ・ソンジェ、オダギリジョー、ソン・ギユン ほか
-----------------------
映画『ルームロンダリング』
・片桐健滋監督
・雷土悟郎役
・池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫、オダギリジョー ほか
・2018年公開予定
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ